AOKIホールディングスプレスリリースAOKI産学共同研究開発人間工学から生まれた『ロイヤルコンフォートスーツ』発売スーツ着用時の不快感を軽減

2007年9月10日
PRESSRELEASE


AOKI産学共同研究開発
人間工学から生まれた『ロイヤルコンフォートスーツ』発売
スーツ着用時の不快感を軽減
株式会社AOKIホールディングス


株式会社AOKIホールディングス(代表取締役社長青木擴憲)が展開するAOKIカンパニー(プレジデント
清水彰)は、岐阜大学工学部機械システム工学科の岡村政明教授、信州大学繊維学部繊維システム工学科
の西松豊典教授との産学共同研究開発により、人間工学から生まれたスーツ『ロイヤルコンフォートスーツ』を
開発いたしました。
『ロイヤルコンフォートスーツ』は、伸縮性の高い織物と、動きを妨げない型紙の研究開発により、スーツ着用時
に感じる圧迫感窮屈感などの不快感を軽減。2007年9月15日(土)よりAOKIの限定店舗250店舗で販売
いたします。(2007年9月10日時点店舗数370店舗)

商品開発の背景

AOKIは2003年より産学共同研究開発に取り組み、快適で機能性に優れた商品を開発してまいりました。
この度、「快適衣生活」をテーマにした「デオドラントシリーズ」に続く商品を企画するにあたり、「着用快適性」の
「着心地」に焦点をあて、AOKIの店舗において「スーツの快適性に関する調査」を行いました。その結果、スーツ
着用時の動きに対する圧迫感、窮屈感など、多くの方々がスーツの着心地に対する改善要望をお持ちであること
が明らかになりました。
これらの点を解決すべく、生理学的機能量の面から性能を測定し、新たに伸縮性の高い織物とスーツの型紙
を開発。スーツ着用時の圧迫感窮屈感などの不快感を軽減させた『ロイヤルコンフォートスーツ』が誕生いたし
ました。

商品の特長

1.伸縮性に富んだ織物により、着用時の圧迫感、窮屈感、ツッパリ感を軽減
スーツ着用時の動きに生地が追従するのに必要な伸び率や、動きやすいと感じる生地の伸び率を研究。
人の動きに織物が追従するのに適した伸縮性のある織物を開発し、体への負担を改善しました。
2.新しい型紙により、着用時のツッパリ感、動作の拘束感を軽減
スーツ着用時に動きにくいと感じる人体部位を研究し、着用時に不快に感じるポイントである肩周りの
着心地を改善しました。
『ロイヤルコンフォートスーツ』を着用したモニターからも、「肩甲部の圧迫感、窮屈感が少ない」、「腕の部分に
圧迫感を感じない」、「腕の付け根部分が動きやすい」といった声が得られました。

1
産学共同研究開発の概要


1.「スーツの快適性」に関する調査結果

AOKI店舗においてスーツを購入いただいている方を対象に、「スーツの快適性」についてのアンケート調査
(n=114)を実施した結果、61%がスーツ着用時に「動きにくい」と感じているということが明らかになりました。
また、動きにくく感じる部分については、「肩部」、「上腕部」、「腕付け根部」と、65%が肩周りに圧迫感や窮屈感
を感じているという結果が得られました。これらの点を解消すべく、新しいスーツの開発に取組みました。


「スーツの快適性」についてのアンケート結果(n=114)
「スーツの快適性」「動きにくく感じる部位」
背面下部
3%


動きやすい8%
16.9%胸9%22%
動きにくい
肩甲
どちらでもない
上腕
15%
61.0%
22.1%
腕付け根20%
23%




2.伸縮性の高い織物の開発<岐阜大学工学部機械システム工学科岡村研究室との共同開発>


今回の共同研究開発ではウールの原料に着目し、より一層の伸縮性を糸に付与することに成功しました。
紡績、織物製造段階において伸縮性を付与するために重要な要因である、①クリンプ(縮れ)の形状と数
②繊維の強さ③繊維のフェルティング*1性④糸の弾性率に優れたニュージーランド産メリノウールを採用
し、快適な着心地感の得られる伸縮性に富んだ糸の開発を行いました。
更に、人の様々な動作に伴う皮膚の伸び率から織物に必要な伸度を計算し、人の動きに織物が追従すること
で、衣服圧*2が小さく、窮屈感、圧迫感などの身体への負担を軽減させることが可能となりました。
*1フェルティング:繊維同士が絡み合い拘束しやって縮む現象
*2衣服圧:衣服を着用した際に身体に加わる圧力


3.肩周りの動きを考慮した型紙の開発
<信州大学繊維部繊維システム工学科西松研究室との共同開発>


アンケート結果を基に肩周り寸法に着目し、人間工学
に基づいてアームホール、鎌深、胸囲線、脇巾を改良
したスーツの型紙を開発しました。
スーツの「着心地」の官能検査人体に加わる衣服圧
の測定運動時の筋活動量測定の評価を行った結果、
新たに開発した型紙により、着用時のツッパリ感、動作の
拘束感が軽減されることが実証されました。

[型紙の改良箇所]
2
『ロイヤルコンフォートスーツ』商品概要




商品名:ロイヤルコンフォートスーツ
素材:ウール100%
色柄:クロ、チャコールグレー、こげ茶
スタイル:シングル2つボタン
価格:72,450円
サイズ:A、AB、BB体4∼7号
ブランド:BELLUMORE
販売数:5,000着
発売日:2007年9月15日(土)
展開店舗:AOKI限定250店舗




■この件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせお客様(読者視聴者)からのお問い合わせ

株式会社AOKIホールディングス横浜本社株式会社AOKIホールディングス
広報担当:梅澤綾子、守屋ゆり子お客様相談室
〒224-8588神奈川県横浜市都筑区葛が谷6-56フリーコール:0120-13-7888
TEL:045-941-1388FAX:045-943-9063ホームページアドレス:www.aoki-hd.co.jp




3
参考資料岐阜大学工学部機械システム工学科岡村研究室との共同糸開発


【伸縮性の高い糸の開発】
伸縮性の高い糸を開発するためにウール原料に求める重要な要因は、①クリンプ(縮れ)の形状と数②繊維
の強さ③繊維のフェルティング性④糸の弾性率の4点である。今回、メリノウールの2大産地であるオースト
ラリアとニュージーランドのウールを前述の4つの点で比較した結果、ニュージーランド産メリノウールが伸縮性に
優れた糸の原料として最適であることが明らかになり、着用快適性を向上させる織物の開発が可能となった。


1.クリンプ(縮れ)の形状と数
ニュージーランドメリノウールはオーストラリアウールより、クリンプの形状、縮れによる湾曲が大きく弾力性に
富むためにストレッチ糸開発に適している。
[各国のウール原料写真]




オーストラリア産メリノウールニュージーランド産メリノウール


[クリンプの数と形状のモデル図]




2.繊維の強さ
太さが同一な繊維の強さを比較すると、ニュージーランドメリノウールはオーストラリアメリノウールより繊維が
強いことがわかった。この繊維の強さが伸縮性の高い糸の開発に必要な要素である。


[繊維の物性]
産毛国オーストラリアニュージーランド
繊維の平均直径(μm)19.419.5
繊維の平均太さ(d)3.503.54
Ave.(CN)3.954.50
繊維強力CV1.562.04
Ave.(CN/d)1.131.27

4
3.繊維のフェルティング性
ニュージーランドメリノウールはオーストラリアメリノウールより、繊維のフェルティング性が小さい。これは、ニュー
ジーランドメリノウールのインチ間当たりのクリンプ数が少ないことと、形状の違いによるものである。これらの点から、
織物製造段階において繊維同士の絡み合いが少なく、伸縮性を発揮することができる。

[繊維のフェルティング性能]

産毛国オーストラリアニュージーランド
繊維の平均直径(μm)19.419.5
繊維の平均太さ(d)3.503.54
F.B.の直径(mm)22.9723.36
フェルティング性3
0.1580.150
F.B.の密度(g/cm)



4.糸の弾性率
ニュージーランドメリノウール原料、オーストラリアメリノウール原料各々で糸を紡績。ニュージーランドメリノ
ウール糸の方が糸の弾性率が小さく、小さな力でも良く伸び、伸縮性が高いことがわかった。

[糸の性能]
産毛国オーストラリアニュージーランド
Ave.(g)228.2225.8
Ave.(g)*197.1193.1
強さ
CV22.216.2
CV*9.18.1
Ave.(%)31.731.9
伸度Ave.(%)*29.429.1
CV4.304.42
Ave.(N/m㎡)33.016.5
ヤング率
CV2.161.31




以上の結果から、ニュージーランドメリノウールは伸縮性の高い糸の製造に最適な原料といえる。




5
参考資料信州大学繊維部繊維システム工学科西松研究所との着用快適性能評価

【着心地の性能評価するための運動】
水平内移転運動、前方挙上運動の模擬運動で、スーツの「着心地」の官能検査を実施。運動を行っている
ときにスーツから人体に加わる衣服圧の測定運動時の筋活動量測定により、スーツの着用快適性能評価を
行った。




水平内移転運動の一例前方挙上運動の一例

【スーツの「着心地」の官能検査】
上腕部、腕付け根前部、脇下後部、肩甲部の4箇所を評価し、「着心地」の官能検査を行った。

1.水平内転運動後の「着心地」
従来スーツ(α)に比べて開発スーツ(β)の方が圧迫感、窮屈感、ツッパリ感、動作拘束感がなく、着心地が
良いことがわかった。


水平内転(腕付根前部120°)
水平内転(上腕部120°)

2
2
βの方が良い




***
βの方が良い




********
着心地は




1.5
着心地は




1.5
1
1
0.5
0.5
評点




0
評点




0
-0.5
αの方が良い




-0.5
αの方が良い




着心地は




-1
着心地は




-1
-1.5
-1.5
-2
ツッパリ感動作拘束感着心地
着心地
圧迫感窮屈感
-2
がない
が良い
がないがないがない
がない
圧迫感ツッパリ感動作拘束感着心地
窮屈感
がない
がないがないが良い
がない
**:1%有意*:5%有意
**:1%有意*:5%有意




2.前方挙上運動後の「着心地」
前方挙上運動も水平内転運動同様に、従来スーツ(α)と比べて開発スーツ(β)の方が圧迫感、窮屈感、
ツッパリ感、動作拘束感がなく、「着心地」が良いことがわかった。

前方挙上(脇下後部90°)前方挙上(脇下後部90°)

22
βの方が良い




***
βの方が良い




***
着心地は




1.5
着心地は




1.5

11

0.50.5
嗜好差
評点




00

-0.5
-0.5
αの方が良い
αの方が良い




着心地は
着心地は




-1
-1

-1.5
-1.5

-2
-2
圧迫感窮屈感ツッパリ感動作拘束感着心地
圧迫感ツッパリ感動作拘束感着心地
窮屈感がない
がないがないがないが良い
がない
がないが良い
がないがない

**:1%有意*:5%有意
**:1%有意*:5%有意


6
【運動を行なっているときにスーツから人体に加わる衣服圧の測定】
従来スーツ、開発スーツを着た被験者が2種類の運動(水平内転運動、前方挙上運動)を行なっているときの
衣服圧をエアーパックセンサー(φ20)により、5回ずつ測定した。

[エアーパックセンサー写真][エアーパックセンサー装着部位モデル図]




①上腕部②腕付け根前部③脇下後部④肩甲部


1.水平内転運動時の衣服圧
従来スーツ(α)と比べて、開発スーツ(β)が圧迫感、窮屈感、ツッパリ感、動作拘束感がなく、「着心地」が
良いと評価された上腕部において、衣服圧が低くなることが確認された。



水平内転(上腕部120°)
上腕部の衣服圧(水平内転角度:90,105,120°)
2
βの方が良い




4.00********
着心地は




1.5

3.001
衣服圧比




0.5
2.00
評点




0

-0.5
1.00
αの方が良い
着心地は




-1
0.00
-1.5
αβαβαβ
-2
90°105°120°
圧迫感窮屈感ツッパリ感動作拘束感着心地
試料がない
がないがないが良い
がない


**:1%有意*:5%有意




2.前方挙上運動後の衣服圧
従来スーツ(α)と比べて、開発スーツ(β)が圧迫感、窮屈感、ツッパリ感、動作拘束感がなく、「着心地」が
良いと評価された腕付け根前部と脇下後部において、衣服圧が低くなることが確認された。


前方挙上(脇下後部90°)

2
βの方が良い




***
着心地は




1.5
脇下後部(挙上角度:90°)
腕付け根前部(挙上角度:90°)
1
2.002.00
0.5
嗜好差




1.501.50
0
衣服圧比




衣服圧比




-0.5
1.001.00
αの方が良い
着心地は




-1
0.500.50
-1.5

0.000.00-2
αβαβ圧迫感ツッパリ感動作拘束感着心地
窮屈感
がない
がないがないがないが良い
90°
90°
**:1%有意*:5%有意
試料
試料




7
【水平内転運動、前方挙上運動時の筋活動量測定】
被験者の三角筋中部、大胸筋、僧帽筋上部、僧帽筋中部、前鋸筋に表面電極を貼付け後、被験者にスーツ
を着装させて水平内転運動、前方挙上運動を行わせ、筋電図を測定した。

[電極の貼り付け位置]












①三角筋前部②三角筋中部③大胸筋④僧帽筋上部⑤僧帽筋上部⑥前鋸筋

1.水平内転運動
水平内転運動を行う際に重要な三角筋前部と大胸筋に注目し、従来スーツ(α)、開発スーツ(β)の筋活動
量を図に示す。従来スーツ(α)と比較して、開発スーツ(β)の筋活動量が小さく、開発スーツ(β)は着ていて
も動きやすいことがわかった。
ワイシャツを100としたときの筋活動量[%]




140
130
120
110
100
90
80
70
60
αβαβ
三角筋前部大胸筋
試料及び被験筋




2.前方挙上運動
前方挙上運動を行う際に同様に、重要な三角筋前部と大胸筋に注目し、従来スーツ(α)、開発スーツ(β)
の筋活に示す。従来スーツ(α)と比較して、開発スーツ(β)の筋活動量が小さく、開発スーツ(β)は着ていて
も動きやすいことがわかった。
ワイシャツを100としたときの筋活動量[%]




140
130
120
110
100
90
80
70
60
αβαβ
三角筋前部大胸筋
試料及び被験筋



8
【評価のまとめと新開発「ロイヤルコンフォートスーツ」の特長】

1.「着心地」の官能検査
開発スーツは、従来スーツに比べて、圧迫感、窮屈感、ツッパリ感、動作拘束感がなく、「着心地が良い」と
評価された。


2.スーツを着ているときの衣服圧測定
従来スーツに比べて、開発スーツの方が圧迫感、窮屈感、ツッパリ感、動作拘束感がなく、「着心地」が良いと
評価された部位において、衣服圧が低くなっていることが確認された。そのため、圧迫感、窮屈感、ツッパリ感、
動作拘束感が減少することがわかった。


3.スーツを着て運動を行なっているときの筋電図測定
水平内転運動や前方挙上運動を行なう際に重要な、三角筋前部と大胸筋に注目して筋活動量を測定した。
その結果より、従来スーツと比較して、開発スーツの筋活動量が小さく、開発スーツは着ていても動きやすいこと
がわかった。


以上の結果を総合的にまとめると、今回開発した『ロイヤルコンフォートスーツ』は着用快適性に優れていること
が、人間工学的実験や感性工学の実験より確認された。




9

その他ニュースを見る

[情報元]
http://ir.aoki-hd.co.jp/ja/PressRelease/PressRelease-1669112255029112094/TopLink/RedirectFile/press07091002.pdf

注目

Den Fujitaの商法〈1〉頭の悪い奴は損をする (ワニの新書)
“元祖・起業家”日本マクドナルド社長藤田田が書いた痛快な金儲けのバイブル、新装版で登場!ビジネス成功の法則が満載。
スティーブ・ジョブズ I・IIセット
取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売! 未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!! 本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。

関連ニュース

新着ニュース

注目情報

大富豪アニキの教え
バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪アニキ、初出版! 「やばいで、オレ、人生を変える、とんでもない秘密を、バラしてもうた」(byアニキ)。
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
アメリカのトップトレーダー(=マーケットの魔術師)たちが語る成功の秘訣を書き、話題となった『Market Wizards』の翻訳書

パートナーサイト


ティアラ
初心者の方やより真面目に出会いを探している方向けのコミュニティーサイトです。

Yahoo!オークション
日本最大のインターネットオークションサイト

みんなのFX
取引手数料無料、スプレッド原則0,7銭固定、レバレッジ最大400倍

占い師テレビ
自宅にいながら気軽に鑑定してもらえる「占い師テレビ」