パナソニック電工アニュアルレポート2009を掲示

〒571-8686大阪府門真市大字門真1048番地
http://panasonic-denko.co.jp/




PrintedinJapan
プロフィール投資家情報(2009年3月31日現在)




発行可能株式総数株式分布状況
 パナソニック電工株式会社(旧社名松下電工株式会社)
:の歴史は、
2,391,162,000株
1918年(大正7年)
に創業者松下幸之助が満を持して製作した、
創業
自己株式1.47%
商品であるアタッチメントプラグ
(のちの配線器具)
を世に送り出したこ発行済株式の総数個人その他
11.34%
とから始まります。751,074,788株金融機関21.35%
外国法人等11.71%
 その後、配線器具事業を継承し、技術の強み伝いに照明情報機器

株主数金融商品取引業者0.66%
電器住設建材電子材料制御機器など多岐にわたる事業へと発展
32,568名その他の法人53.47%
してきました。当社はこうした事業を通じて、人々のくらしに
「生活快
大株主上場金融商品取引所
適ソリューション」を届けてきました。
株主名持株数(千株)出資比率%)
(東京、大阪、名古屋
 2004年4月より、当社はさらなる
「生活快適ソリューション」を提案パナソニック株式会社383,04951.00
株主名簿管理人(事務取扱場所)
するため、パナソニック株式会社(旧社名松下電器産業株式会社)
:と日本トラスティサービス信託銀行

株式会社(信託口)33,4024.44
三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
の包括的協業を進め、生活快適実現事業を展開しています。日本マスタートラスト信託銀行
〒530-0004
株式会社(信託口)29,3933.91
 そして2008年、創業90周年の節目を迎え、社名をパナソニック電大阪市北区堂島浜一丁目1番5号
日本トラスティサービス信託銀行

TEL0120−094−777
工株式会社に改めるとともに、ブランドを国内外ともにPanasonicに株式会社(信託口4G)21,9982.92
パナソニック電工月掛自社株投資会11,2401.49
統一しました。これを機に、これまで以上に真のグローバル企業への
お問い合わせ先
日本生命保険相互会社8,0131.06
飛躍に向けた積極的な事業展開を進めていきます。パナソニック電工株式会社
資産管理サービス信託銀行株式会社
(証券投資信託口)7,3590.97経理部
全国共済農業協同組合連合会IRグループ
5,9450.79
株式会社三井住友銀行5,2060.69
〒571-8686
日本トラスティサービス信託銀行

株式会社(信託口4)4,1600.55
大阪府門真市大字門真1048番地
(注).当社は、自己株式11,038千株を所有しています。
TEL06)

1
6908-1131
2.株数は、千株未満を切り捨てて表示しています。
http://panasonic-denko.co.jp/



四半期ごとの株価推移(東京証券取引所)

(円)
2,000


1,500


1,000


500


当アニュアルレポートにおいて記載されている業績見通しおよび将来情報もしくは経営計画な0
どは、現在入手可能な情報と、当社が現時点において合理的であると判断する一定の前提に基2004年11月期2006年3月期2007年3月期2008年3月期2009年3月期
2005年3月期
づいており、実際の業績や成果は見通しと大きく異なる場合があります。その要因のうち、主年間高値1,068期高値981年間高値1,454年間高値1,450年間高値1,649年間高値1,180
なものは下記の通りですが、これらに限定されるものではありません。年間安値786期安値846年間安値851年間安値1,155年間安値923年間安値555

1)経済状況および主要市場の急激な変動
2004年11月期、2006年3月期、2007年3月期、2008年3月期、2009年3月期は四半期3ヶ月)
(ごとの株価を掲載しています。
2)ドル、
米ユーロ、人民元などの対円為替相場の大幅な変動
2005年3月期は2004年12月1日∼2005年3月31日の4ヶ月間の株価を掲載しています。
3)資本市場の大幅な変動




0275
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
目次




......................
......................
3経営理念......................
......................
照明事業......................
......................
......................
4事業の多角化と成長......................
......................
......................
......................
......................
6財務ハイライト......................
......................
......................
24......................
......................
8株主のみなさまへ......................
......................
......................
......................
......................
社長インタビュー
10......................
......................
26
......................
情報機器事業
......................
......................
......................
......................
特集
......................
......................
デバイス事業が創り出す......................
16......................
......................
ComfortableLivingandEcoPerformance......................
......................
......................
......................
......................
22......................
セグメント別概要
......................
......................
......................
24事業概況......................
......................
......................
電器事業......................
24電材事業̶照明事業30住設建材事業......................
......................
......................
......................
......................
26電材事業̶情報機器事業32電子材料事業
......................
......................
......................
......................
28電器事業34制御機器事業......................
28......................
......................
......................
......................
36海外事業......................
......................
......................
......................
38研究開発......................
30
......................
住設建材事業
......................
......................
......................
40コーポレートガバナンス
......................
......................
......................
......................
40コーポレートガバナンス
......................
......................
......................
......................
......................
42リスクマネジメント
......................
......................
......................
......................
43コンプライアンス......................
......................
......................
......................
44CSRへの取り組み......................
電子材料事業
......................
......................
......................
44CSR方針46社会貢献活動......................
......................
......................
......................
45環境活動47品質管理......................
......................
......................
......................
......................
32
48......................
取締役監査役執行役員

......................
......................
......................
......................
50組織図
......................
......................
......................
34
......................
制御機器事業
51事業等のリスク......................
......................
......................
......................
......................
55財務セクション......................
......................
......................
......................
......................
73主要連結子会社および関連会社......................
......................
......................
......................
......................
75投資家情報......................
......................

1
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
ComfortableLivingandEcoPerformance
–foryouandaroundyou–

パナソニック電工は、
「省エネ環境」
「安全安心」
「健康」
「快適便利」など
のさまざまな社会トレンドを捉えた幅広い商品を通じて、快適で豊かなライフ
スタイルを提案してきました。

人々のくらしはこれまで以上に多様化するとともに、快適性に加え、省エネ
環境といった新しい価値観に基づくライフスタイルが求められています。

こうした変化の中で、私たちは、松下幸之助が唱えた「事業活動を通じて人々
に幸福を」
という基本理念に立ち返り、当社が長年培ってきた「快適実現技術」
と世界をリードする「環境配慮技術」を両立させ、この精神を商品やサービス
というかたちにして、
「新しい快適」を人々のくらしに、社会に、世界にお届け
したいと考えています。




2PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
経営理念




正しい経営理念があってこそ、持続的成長を伴う正しい企業活動ができると私たちは信じています。当社の経営理
念は、1929年に松下幸之助が会社の基本方針を初めて明文化した「綱領」「信条」
とです。
この経営理念に基づき、従業員が日常の業務を遂行する際の行動指針が「私たちの遵奉すべき精神」です。




綱領

産業人たるの本分に徹し 社会生活の改善と向上を図り
世界文化の進展に寄与せんことを期す

信条

向上発展は各員の和親協力を得るに非ざれば得難し
各員至誠を旨とし一致団結社務に服すること

私たちの遵奉すべき精神

一、産業報国の精神産業報国は当社綱領に示す処にして我等産業人たるものは本精神を第一義とせざるべからず

一、公明正大の精神公明正大は人間処世の大本にして如何に学識才能を有するも此の精神なきものは以て範とす
るに足らず

一、和親一致の精神和親一致は既に当社信条に掲ぐる処個々に如何なる優秀の人材を聚むるも此の精神に欠くる
あらば所謂烏合の衆にして何等の力なし

一、力闘向上の精神我等使命の達成には徹底的力闘こそ唯一の要諦にして真の平和も向上も此の精神なくてはか
ち得られざるべし

一、礼節謙譲の精神人にして礼節を紊り謙譲の心なくんば社会の秩序は整わざるべし正しき礼儀と謙譲の徳の存す
る処社会を情操的に美化せしめ以て潤いある人生を現出し得るものなり

一、順応同化の精神進歩発達は自然の摂理に順応同化するにあらざれば得難し社会の大勢に即せず人為に偏する
如きにては決して成功は望み得ざるべし

一、感謝報恩の精神感謝報恩の念は吾人に無限の悦びと活力を与うるものにして此の念深き処如何なる艱難をも
克服するを得真の幸福を招来する根源となるものなり




3
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
事業の多角化と成長




樹脂成形技術


金属加工技術

金属と樹脂の


点灯回路技術

複合成形技術
絶縁技術


スイッチ開閉技術




1918192019291938



2灯用クラスタキーソケット埋込トグルスイッチ埋込コンセント


創業商品
1935
アタッチメントプラグ


樹脂成形技術


金属加工技術



バイブレータ


モーター技術


金属加工技術





1929



フェノール樹脂


●プラスチック

成形材料技術




4PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
......................
......................
......................
1952......................
......................
......................
......................
......................
......................
照明......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
プル式家庭用蛍光灯
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
情報機器......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
電器......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
1958......................
......................
......................
......................
......................
......................
住設建材......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
雨とい
......................
......................
......................
●プラスチック押出
......................
......................
......................
......................
成形技術
......................
......................
......................
電子材料......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
1957......................
......................
......................
......................
......................
......................
制御機器......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
......................
スナップアクションスイッチ
......................
......................
●精密複合加工技術


5
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
財務ハイライト
パナソニック電工株式会社および連結子会社
2009年、2008年、2007年および2006年3月31日に終了した会計年度、2005年3月31日4ヶ月間)
(に終了した会計年度、2004年11月30日に終了した会計年度




20092008
売上高¥1,597,808¥1,719,612
売上原価1,245,5311,305,982
販売費及び一般管理費320,426329,707
営業利益31,85183,923
税金等調整前当期純利益(純損失)(5,565)82,665
法人税等合計5,64132,226
当期純利益純損失)
((13,846)45,451
 売上高当期純利益(純損失)率(0.9%)2.6%
自己資本643,101691,492
自己資本当期純利益率ROE)
((2.1%)6.6%
総資産1,076,7471,151,918
研究開発費60,55763,131
設備投資実施額53,64961,846
従業員数(人)56,84857,655



1株当たり情報(単位円、ドル)
:米
 1株当たり当期純利益(純損失)基本的]
[¥(18.72)¥61.44
 1株当たり当期純利益[希薄化後]––
 1株当たり配当金18.7525.00
配当性向–40.7%
(注)1.当アニュアルレポートでは、「ドル」および$」
「表記は米国通貨のドルです。「円」および¥」
「表記は日本国通貨の円です。米ドルの金額は読者の便宜上、米
1ドル=98円で
換算しています。
2.1株当たり配当金は、各会計年度の利益に対して決議された金額です。内部留保金から差し引かれている配当金は、実際に支払われた金額のことです。
3.過去に当社は会計年度末を11月30日から3月31日に変更しました。2006年3月期は当該変更後、最初の通期会計年度です。




売上高営業利益/当期純利益(純損失)/
売上高営業利益率1株当たり当期純利益(純損失)基本的]


営業利益当期純利益(純損失)
(10億円)(10億円)売上高営業利益率(%)(10億円)(円)
1株当たり当期純利益
(純損失)基本的]

1,80010056075
1,598
804
4050
1,200
603
2025
402
2.0–18.72
600
3200
201


–14
000–20–25
’04’05’06’07’08’09’04’05’06’07’08’09’04’05’06’07’08’09

※2005年3月期は変則期決算2004年12月1日∼2005

年3月31日)となっています。




6PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
単位百万円
:単位千米
:ドル

2009
2007200620052004
$16,304,163
¥1,667,303¥1,606,613¥502,750¥1,335,329
12,709,500
1,259,6991,197,653370,868969,268
3,269,653
325,238334,530112,421301,644
325,010
82,36674,43019,46164,417
(56,786)
79,94566,05215,64555,212
57,561
30,93527,2106,92419,722
(141,286)
43,04334,5647,65731,178

2.6%2.2%1.5%2.3%
6,562,255
680,605646,243581,831576,493

6.5%5.6%1.3%5.5%
10,987,214
1,185,3461,142,7581,143,3091,134,270
617,929
62,98660,76919,18357,479
547,439
61,13357,55916,24443,363

50,04349,79650,85050,062

単位円
:単位米
:ドル



$(0.19)
¥58.17¥47.08¥10.57¥43.12

58.1744.979.9240.30
0.19
20.0017.005.0013.75

34.4%36.1%47.3%31.9%
2005年3月期は変則期決算2004年12月1日∼2005年3月31日)
(となっています。
4.
2007年3月期の資本の表記方法の変更により、以前の株主資本(=現在の自己資本)は財務諸表に掲載されておりません。各年度での比較ができるよう、2007年3月期、2008年3月期
5.
および2009年3月期は貸借対照表における純資産から少数株主持分を除いた自己資本を掲載しています。2007年3月期、2008年3月期および2009年3月期のROEは、以前の株主資
本(=現在の自己資本)
を基に算出しています。




総資産/ROA※自己資本/ROE



総資産自己資本
(10億円)(%)(10億円)(%)
ROAROE
1,60087509
643

1,20065006
1,077


80042503


2.8
0
20
400


-2.1
00–250–3
’04’05’06’07’08’09’04’05’06’07’08’09

※ROAは経常利益を基に算出しています。




7
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
8PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
株主のみなさまへ


平素は格別のご高配、ご支援を賜り、厚く御礼申しあげます。


2008年度2009年3月期)第3四半期以降の国内外での急速な市況悪化により、
(は、全部門で大幅な減収
となりました。
営業利益や経常利益は、大幅な減益となりましたが、全社をあげて合理化活動や固定費削減に徹底的に取
り組んだ結果、黒字を確保することができました。しかし、当期純利益につきましては、円高によりコスト競
争力が低下した商品などの製造設備の減損を中心とした事業構造改革費用を特別損失として計上した結果、
赤字となりました。


2009年度2010年3月期)
(も引き続き、厳しい局面が続き、予断を許さない状況であると認識しています
が、継続的な事業構造改革に加え、合理化活動や徹底した費用削減に取り組むことで、売上が伸びなくても
利益を確保できる経営体質の強化を図ってまいります。また、さらなる
「成長への仕込み」
として、当社の
強みであるLED照明器具や住宅用火災警報器に代表される
「省エネ環境」

「安全安心
(セキュリティ)、

「健康」などの社会トレンド商品を中心に「快適実現」「環境配慮」
とが両立した「新しい快適」をお届けできる
ように全社をあげて取り組んでまいります。


株主投資家のみなさまには一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。



2009年7月




代表取締役社長
畑中 浩一




9
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
社長インタビュー




代表取締役社長
畑中 浩一




「Panasonic」ブランドのもと、
「快適実現」「環境配慮」
とを両立した
事業のグローバル展開を目指して
2010年3月期も非常に厳しい経営環境が続くと思われますが、経営体質の強化を
図りながら、現在の世界同時不況を脱した際に「快適実現」「環境配慮」
とを
両立した事業を強みとして、さらなる成長が遂げられるように、全社をあげて
「成長への仕込み」を着実に進めてまいります。




10PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
〔当期の経営環境〕
Q
まず初めに当期の経営環境について総括してください。
01
米国の金融危機に端を発した世界的な実体経済の激変に尽きると思います。

 当期の経営環境についてですが、まず、上半期までは、日本国内において、改正建築基準法
(2007年6月20日施行)
の影響が本格化したことによる建築関連市場の冷え込みが進行してい
ました。これに原材料高や円高も加わり、さらに厳しい状況となりました。
 そして、下半期に入り、2008年10月までは、厳しいながらも想定の範囲内という状況でした
が、同年11月以降は、世界的に実体経済が急速に悪化し、これまでに経験したことのない非常に
厳しい経営環境に一変したといえます。




〔当期の業績評価〕
Q
そのような非常に厳しい経営環境のなか、
02当期の業績をどのように評価していますか


構造改革費用の追加計上で当期の税引前利益や当期純利益は赤字となりましたが、
構造改革効果は次期2010年3月期)
(の業績にプラスに効いてくると確信しています。

 当期の業績を一言で申しあげますと、2008年11月以降の国内外での急激かつ極端な市況悪
化により、全部門において大幅な減収となり、このことが、通期業績に大きな影響を与えました。
特に電子材料、制御機器、照明デバイスといったデバイス事業は世界的な需要急減と円高の影響
で大幅な減収となりました。
 また、電材や住設建材といった建築関連事業も新設住宅着工戸数の低迷や民間設備投資抑制
の動きが拡大した影響を受け、減収となりました。
 これらに加え、景気悪化により、節約志向が強まるなか、電器部門の健康商品の販売不振が継
続しました。このような全部門にわたる大幅な減収により、減販損が拡大し、営業利益や経常利
益は大幅な減益となりましたが、継続的な合理化活動に加え、さらなる費用削減に徹底的に取り
2009年2月3日に発表しました修正公表利
組んだ結果、営業利益と経常利益につきましては、
益を上回る黒字を確保することができました。
 税引前利益と当期純利益につきましては赤字となりましたが、これは2010年3月期以降に向
けてさらに経営体質を強化するために、製造設備の減損損失を含む構造改革費用を追加計上し
たためです。




11
PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
〔構造改革〕
Q
当期に取り組んだ構造改革について総括してください。
03
市場規模縮小や需要地移転に対応した国内外の製造拠点の統廃合や製造設備の減損など
を実施しました。

 まず、製造拠点の統廃合につきましては、国内4拠点、海外2拠点、合計6拠点の工場を閉鎖
再編しました。国内では、住設建材セグメントのシステムキッチンの2工場の閉鎖などです。海外
では、電子材料セグメントのイタリア工場の閉鎖などです。
 次に製造設備の減損ですが、急激な円高に伴うコスト競争力が低下した商品の日本国内の製
造設備の減損や、主に海外工場で生産される低付加価値商品の製造設備の減損を実施しました。
増販や収益性の向上といったかたちで2010年3月期の
この減損によって価格競争力が強まり、
業績にプラスに効いてくるものと確信しています。




〔合理化費用削減活動〕
Q
当期の合理化費用在庫削減活動の成果についてお聞かせください。
04
前期に引き続き、変動原価低減活動であるCR400や総費用削減活動である
CB130などのコスト合理化活動とともに、在庫削減活動であるSR200に積極的に
取り組みました。

 当期の営業利益ベースにおける合理化効果は、為替の影響や新規連結の影響を除き、前期比
165億円、総費用削減効果は、同様に143億円ありました。これらの効果の源泉となる活動は2
つに分類されます。ひとつは、(コストリダクション4002年間で400億円の変動原価低

CR400
減を目指す活動)もうひとつは、
で、(コストバスターズ1302年間で130億円の総費用

CB130
削減を目指す活動)
です。CR400は、前期と当期の2年間で、400億円の目標に対し、億円
435
(社内管理ベース)
の実績となりました。
「イタコナ活動」の全社展開や資材調達面での合理化に
積極的に取り組みました。CB130は、同様に2年間で、130億円の目標に対し、億円
234(社内
管理ベース)
の実績となりました。国内外の連結会社における独自テーマに基づく費用削減活動
を積極的に推進したことに加え、費用削減の成功事例を水平展開しました。
 また在庫につきましては、SR200トックリダクション200:2年間で総在庫を200億円減ら
(ス
す活動)
に取り組んだ結果、為替や新規連結の影響を除いて、ほぼ計画を達成し、次期の成長に
向けての体質の強化を図ることができました。




12PanasonicElectricWorksCo.,Ltd.2009
〔業績予想〕
Q
次期2010年3月期)
(の業績見通しについて教えてください。
05
この厳しい経営環境を次の成長に向けたチャンスと捉えて、経営体質の強化と
成長戦略の着実な推進に取り組んでまいります。

 次期も先行きは厳しい局面が続き、予断を許さない状況であると認識しています。また、この
景気悪化を受けて、低価格商品へ需要がシフトするという市場の構造変化も一段と加速すること
が考えられます。
 こうした状況を踏まえ、次期の見通しの基本的な考え方として、販売が厳しくても継続的な合
理化活動、徹底した費用削減や構造改革効果によって、減収や市場価格低下による減益をカバー
できる収益体質にしたいと考えています。大きなくくりで申しあげますと、
「品種構成の悪化を
含めた減販損」「市場価格低下」「合理化費用削減」「構造改革効果」
とをとでカバーして前期並
み以上の利益を確保するという計画です。これは、言わば、最低限の歯止めの考え方であり、厳
しい事業環境においても着実な成長を遂げられるように経営体質の強化と成長戦略の推進に努
めてまいります。



〔成長戦略〕
Q
今後の成長戦略についてお聞かせください。
06
「省エネ環境」、
「安全安心」、
「美理容」、
「健康」、
「オール電化」分野などの
社会トレンド対応の事業を着実に進めてまいります。

 本格的な景気回復までには、まだ相当の時間を要すると思われますが、しかし、市場をよく見
ると伸びている市場や将来成長する需要の芽は存在しています。
 その需要分野とは、
「省エネ環境」

「安全安心
(セキュリティ)、
」「美理容」、
「健康」、
「オー
ル電化」などです。「省エネ環境」
特に分野に対する関心が高まっています。
 なかで

その他ニュースを見る

[情報元]
http://panasonic-denko.co.jp/corp/ir/financial/kessan/pdfs/100_ren.pdf

注目

Den Fujitaの商法〈1〉頭の悪い奴は損をする (ワニの新書)
“元祖・起業家”日本マクドナルド社長藤田田が書いた痛快な金儲けのバイブル、新装版で登場!ビジネス成功の法則が満載。
スティーブ・ジョブズ I・IIセット
取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売! 未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!! 本書を読まずして、アップルもITも経営も、そして、未来も語ることはできない。

関連ニュース

新着ニュース

注目情報

大富豪アニキの教え
バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪アニキ、初出版! 「やばいで、オレ、人生を変える、とんでもない秘密を、バラしてもうた」(byアニキ)。
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。
マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
アメリカのトップトレーダー(=マーケットの魔術師)たちが語る成功の秘訣を書き、話題となった『Market Wizards』の翻訳書

パートナーサイト


ティアラ
初心者の方やより真面目に出会いを探している方向けのコミュニティーサイトです。

Yahoo!オークション
日本最大のインターネットオークションサイト

みんなのFX
取引手数料無料、スプレッド原則0,7銭固定、レバレッジ最大400倍

占い師テレビ
自宅にいながら気軽に鑑定してもらえる「占い師テレビ」